FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
デリバティブ
三井住友銀行が、融資先などに優越的な立場を利用してデリバティブ商品を購入させていたということで業務停止命令を受けました。

融資をするかしないかは銀行の判断ですし、行員に結構過酷なノルマが課せられれば、こういうことは当然起こりえるでしょう。
銀行に限らず、持ちつ持たれつでお互い多少の無理を引き受けるというのはよくあることですが、最近は外資の攻勢とかもいろいろあるので、特に個人相手の場合は状況が変わってきています。
それだけ経営環境が厳しくなっているということであり、銀行としても比較的収益率の高い個人向けデリバティブは強化したいところでしょう。

最近では個人向けに、日経平均や為替のオプションへの投資が煽られていますが、この手のデリバティブは本質を十分に理解して、しかるべき戦略のもとで取引するにはそれなりに有用なのですが、何も把握していないまま手を出すと危険です。できれば、ボラティリティって何?ということと、ボラティリティとオプション価格の関連(ブラックショールズ式など)ぐらいは理解しておいたほうがいいでしょう。
とはいえ、だからやめろというよりはこういう機会に勉強してみませんかと思うので、デリバティブ商品を売り込まれたら、行員にブラックショールズ式って何?と聞いてみましょう。融資を受けるときは散々説明させられるのですから、それぐらい説明してもらってもいいと思います。
スポンサーサイト
【2006/04/27 22:16】 | 日本株 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マーケットの反乱
映画の世界では、コンピューターが反乱を起こし、人間が攻撃される場面がよく登場します。コンピューターは我々の日常生活にかなりの部分まで浸透してきましたが、幸い今のところは意志は持っていませんし、反乱を起こすということはほとんど現実問題としては捉えられていません。

金融でも、マーケットにすべてを任せてしまうと、マーケットが反乱を起こすことがあります。反乱とは、制御が利かなくなるという意味です。バブルも、大暴落も、方向は逆ですが同じことです。マーケットというのは参加者の総意で形成されるので、個々の参加者はマーケットの形成に関わってはいますが、マーケットを制御することはできません。大量の売買を行ってある程度制御することはできるかもしれませんが、そのためには膨大な資金が必要ですし、下手をすると損失も膨大になります。

これがいいことなのか悪いことなのかは一概には言えませんが、まあ命が狙われるわけではありませんので、そういうものだのだということを理解し、できる対策はとっておくに越したことはありません。逃げ場がないような状況にいつまでもいるわけにはいきません。リスク管理が最も重要だといわれる所以です。
【2006/04/23 23:35】 | 日本株 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
借り手の責任
消費者金融大手のアイフルが強引な取立てで業務停止処分を受けました。
いつもあえて誤解を覚悟で言っていますが、強引な取立てをするということは少なくとも返済をちゃんとしていないということになります。消費者金融はTVCMなどは派手にやっていますが、少なくとも直接勧誘はやりませんから、借りたのは本人の意思のはずですし、金利だって必ず説明していますから承知しているはずです。これだけニュースでも騒がれていますから、借りる危険性もわかっているはずです。
また、高い金利でもまじめに支払っている人もいますから、支払わない人の分も肩代わりしているようなものです。

金に困っていることへの同情もあるかもしれませんが、金がないときにとるべき手段は、どんな方法を使ってでも金を作ることではありません。返せない金は、消費者金融からであれ、友人や家族からであれ、借りてはいけないのです。これは住宅ローンでも同じです。自分の住む家だからといってお金に色があるわけではないのですから、特別扱いするわけにはいきません。給与ダウンや失業も考えられる世の中では、30年以上にわたって無理なローンを組むべきではありません。さらに、個人だけではなく、ビジネスでも同じことです。商工ローンを借りてまで、無理やり帳尻をあわせるべきではありません。

もちろん、違法な取立てが許されるものではありませんが、少なくとも借りた側にも何らかの問題はあることを認識するべきなのではないでしょうか?
【2006/04/14 23:34】 | 時事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
資産運用と管理の自己責任化
郵政公社で、郵便局の時間外サービスの廃止が検討されているようです。 
現状では他の民間事業者の郵便への参入はかなり条件的に厳しいようなので、事実上独占状態が続いているわけですが、民営ということはサービスと収益のバランスを考えながら事業展開するわけで、これまでより不便になることが出てくるのはやむをえないでしょう。しかし逆にこれまでが常識外の便利さであったのかもしれません。常識外の便利さにはそれなりのコストもかかりますから、行き詰ると最後は税金投入です。

郵便貯金は郵便よりさらに問題が大きく、定額貯金など民間では難しい商品を扱っていますが、その資金をうまく運用できているとは思えませんし、不良債権率も結構高いのではないかと思っています。無理を続けることはできなくなるでしょうから、今後は他の金融機関と同じようなサービスになっていくかもしれません。もっとも、健全な競争という意味ではそのほうがいいでしょうし、税金の投入も少なくてすむでしょう。

資産の管理や運用は、ますます政府から自分の責任へと移ってきます。海外投資も含めて、十分な資産の分散とリスク管理がますます個人にも求められます。
【2006/04/12 22:45】 | 時事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
リスク回避の幻想
標的事件多発で子供の防犯グッズが進化しているそうです。

他の犯罪先進国(?)ではこのようなことは行われていません。
日本人はどうも万一に備えるのが好きなようですが、ほんとうにこんな防犯グッズで子どもの安全が守れると考えているのでしょうか?気休めにもなりませんし、このようなことで商売をしようというのもあまり賛同できません。
どこにいるかGPSでわかったって、襲われてたら間に合わないですし、周囲に人がいなかったり見て見ぬふりをすればブザーも役には立ちません。
また、必要ないとは言いませんが、子どもに防犯知識を教えるより、地域の人たちが協力して、パトロールを強化するといった地道な人的活動をする、すなわち大人を教えるほうも求められています。

金融商品でも話は変わりません。もう何度も日記で述べているように、安易に保険で安心を買うというような発想はもうやめましょう。保険料だって安くはないのですから。また、元本保証という幻想に目がくらむようなこともやめましょう。相手に保証能力がなくなればどうにもならないのですから。リスクに真剣に向き合い、避けるのではなくコントロールする方法を身につけなければ、これからの時代は厳しくなります。先送りにしたり、人のせいにしていると痛い目にあいそうです。
【2006/04/10 23:29】 | 時事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
共済と保険
互助会が昨年4月の保険業法改正で、保険専門スタッフをそろえるよう迫られているようです。金融庁は、共済の財政を健全化し、消費者を保護するためという大義名分です。

人情的には同感できますが、互助会や共済は掛け金が安い一方で、管理がずさんである恐れも秘めています。普段は滞りなく事務が進んでいても、管理者が変な人に代わったり、給付申請が何かの拍子に急に増えると、まともに運営できるのか心配になります。金融庁の懸念もわからないでもありません。

保険会社は利益のために行動しますから、リスクの高い人の保険は当然引き受けません。障害者でなくとも、たとえば18歳の若者が運転免許を取得してから2回事故を起こすと、おそらく引き受けてくれる保険会社はないでしょう。もっとも、保険への加入は任意なので、本当に困っている人は別の手段で救済することも考えられます。

人は、起こる確率はとても低いけれども起こったときのインパクトが大きいものが気になります。当たる確率は極端に低いのに宝くじを購入しますし、死ぬ確率も非常に低いのに生命保険に大金を注ぎ込んでいます。また、快楽を求めるより苦痛から逃れるほうを、より求めますので、万一に備えてというために行動しがちです。上記のような話を例にするのは不謹慎かもしれませんが、本当に保険を使う可能性の高い人は、むしろ保険への加入を断られるのが普通ですから、あっさり保険に入れる人は、まずその保険は無駄だと考えたほうがいいでしょう。
保険金を払う暇があったら、その金を貯蓄したほうがまだ賢明です。総額200万円程度のの入院保障を求めるぐらいなら200万円貯めましょう。

【2006/04/06 23:25】 | 保険 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
投資は嘘?
今回は少しお遊びで、「成分解析」です。
http://tekipaki.jp/~clock/software/

お遊びではありますが、堅い話もやわらかく楽しく理解できるというのも大事なことなのでしょう。
ちなみに、資産と入れると、
資産の89%はカルシウムで出来ています。
資産の8%は祝福で出来ています。
資産の3%は鉄の意志で出来ています。
となります。カルシウムでできているといわれてもよくわかりませんが。
続いて、投資ですが、
投資の87%は嘘で出来ています。
投資の6%は純金で出来ています。
投資の5%はマイナスイオンで出来ています。
投資の2%は記憶で出来ています。
2番目以降はよくわかりませんが、一番目は確かにそのとおりという感じです。嘘と本物とを見分ける力をつけることは、投資の基本です。そのときにまず確認すべきは、
1.最悪の場合どれだけ損失が出るか
2.期待される利益はその損失に見合っているか
3.利益分配ルールが明確・透明になっているか
4.換金する手段は用意されているか
ということです。2番目以降がすべてYESでなければ、嘘の可能性が高いですから、慎重に検討しましょう。

【2006/04/03 23:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。