FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
MUFGの最終損益
三菱UFJフィナンシャル・グループの2005年4~12月期決算によると、連結最終損益は1兆0264億円の黒字となったそうです。投資信託販売などの手数料収入が伸びたということなのですが、こういうニュースはかなり省略されて伝えられているので、誤った認識をしないように注意する必要があります。

三菱東京とUFJグループを合算すると、実質業務純益(一般企業で言う営業利益)は1.3%ぐらいしか伸びていません。1兆円というのは確かにひとつの大きな節目ではありますが、頑張って達成したというよりは合併したのだから当然ともいえます。

個人向けの投資信託販売は、伸びてはいるのでしょうが、全体に占める割合はそれほど大きくありません。個人向け運用商品は、年金保険や外貨預金、証券仲介を合わせても、粗利益ベースで1000億程度です(ちなみに全体の粗利益は2兆6千億円です)。MUFGに投資信託の販売力があるとも思えませんので、株価が好調だったことによるのでしょうか。
そういえば為替もいろいろと動きましたので、為替売買益などは好調だったようです。

また、1兆円近くの海外貸し出し増加が注目されます。なかでも、香港、中国、カリブ海諸国向けが増加しています。つい、また焦げ付かなければいいけどと思ってしまうのですが。

いずれにしても、特にサービス上の優位性があるようには思えないので、私はMUFGを使うつもりは今のところありません。何か面白いことをやってくれそうなのは三井住友あたりでしょうか。
スポンサーサイト
【2006/02/16 23:09】 | 時事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<アナリストレポート | ホーム | Webucationと情報商売>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mappy.blog43.fc2.com/tb.php/10-5f4d4f65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。