FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
過剰な福祉
厚労省が生活保護の支給額を国民年金以下に削減する方針で検討しているようです。

北欧などの福祉先進国でも問題になっている、怠けた人のほうが得をする状況。やはり支給額を下げるしかないでしょう。
福祉が充実すると、生活保護でも年金でも、人に面倒を見てもらおうと期待する人が増えすぎるのが問題です。本来は老後も自分の面倒は自分で見るというわけで、個人で老後に備えて貯蓄なり資金運用をするべきなのですが。

実際、これから先は面倒を見切れないことは明らかです。米国でもGMが年金支給を減額することがニュースになっていましたが、もはや国や企業に面倒を見てもらうことは期待できません。20年後ぐらいを想像すると、ちょっと恐ろしいことになっていそうです。とはいえ、自分で資産運用するだけの知識と経験がない人が大半でしょうから、マネー教育が大きな課題となるのでしょう。また、比較的高額所得のある人は、どちらかというと人の面倒を見る側ですから、海外脱出なども現実に考えるかもしれません。
スポンサーサイト
【2006/03/09 21:52】 | 時事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<債務者の責任 | ホーム | 証券化のポイント>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mappy.blog43.fc2.com/tb.php/20-410ed7ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。