FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
借り手の責任
消費者金融大手のアイフルが強引な取立てで業務停止処分を受けました。
いつもあえて誤解を覚悟で言っていますが、強引な取立てをするということは少なくとも返済をちゃんとしていないということになります。消費者金融はTVCMなどは派手にやっていますが、少なくとも直接勧誘はやりませんから、借りたのは本人の意思のはずですし、金利だって必ず説明していますから承知しているはずです。これだけニュースでも騒がれていますから、借りる危険性もわかっているはずです。
また、高い金利でもまじめに支払っている人もいますから、支払わない人の分も肩代わりしているようなものです。

金に困っていることへの同情もあるかもしれませんが、金がないときにとるべき手段は、どんな方法を使ってでも金を作ることではありません。返せない金は、消費者金融からであれ、友人や家族からであれ、借りてはいけないのです。これは住宅ローンでも同じです。自分の住む家だからといってお金に色があるわけではないのですから、特別扱いするわけにはいきません。給与ダウンや失業も考えられる世の中では、30年以上にわたって無理なローンを組むべきではありません。さらに、個人だけではなく、ビジネスでも同じことです。商工ローンを借りてまで、無理やり帳尻をあわせるべきではありません。

もちろん、違法な取立てが許されるものではありませんが、少なくとも借りた側にも何らかの問題はあることを認識するべきなのではないでしょうか?
スポンサーサイト
【2006/04/14 23:34】 | 時事 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<マーケットの反乱 | ホーム | 資産運用と管理の自己責任化>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://mappy.blog43.fc2.com/tb.php/34-90da4eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。